資格

整理収納アドバイザーになりたいから調べてみた

こんにちわ! イチヒラです。

みなさん整理収納アドバイザーって知ってますか?

片付け本なんかをよく見るようになったので、色々調べてみたら整理収納アドバイザーがヒットしました。

アドバイザーって響きがかっこいいので、

「整理収納アドバイザーになりたい!」

と思い(安直)、いろいろ調べてみました。

整理収納アドバイザーとは

なぜ片付かないのか?なぜモノがあふれてしまうのか?どうやって収納するか?を考え、問題を根本的に解決する「整理・収納のプロフェッショナル」です。
ハウスキーピング協会が発行している資格で、2017年8月現在で10万人以上の方が資格を取得しています。

整理・収納の片付け本をよく見てみると、結構な確率で整理収納アドバイザーの方の名前が書かれています。

階級は3級~1級

資格は3級から1級まであります。

3級と2級は受験資格は特にありません。
1級は事前に2級を取得していて、なおかつ1級の予備講座を受験する必要があります。

めんどくさいし、お金の問題もあるので2級から受けるつもりです。

1級にならないと整理収納アドバイザーとして仕事できない

ハウスキーピング協会のHPを見ると、

2級のみでは「整理収納アドバイザー」として活動することはできません。

と書かれていました。

2級では自宅や職場の環境を改善する能力を身に着け、1級ではアドバイザーとしての能力が問われるからです。

実際、1級の取得には2次試験でプレゼンテーションを行うので、プレゼン能力も問われます。

ユーキャンで取得するか、公開講座に行くか

整理収納アドバイザー2級を取得するには2つの方法があります。

  • ユーキャンの通信講座を受ける
  • 近所の公開講座に行く

それぞれメリット・デメリットがあります。

ユーキャンのメリット・デメリット

メリット

  • 毎日のすきま時間に勉強できる
  • 最終的に1級の予備講座を受けたのと同等の扱いになるので、予備講座を受けずに1級試験を受験できる
  • 公開講座で2級資格+予備講座の2つを受けるより費用が安くなる(49,000円)

デメリット

  • 1級を受けれるようになるまで最低でも数カ月かかる
  • わからないことがあるとき、講師に質問できるが時間がかかる

公開講座のメリット・デメリット

メリット

  • 集中してやるので、短期間で取得できる
  • 講師から大事なポイントを学べる。わからないこともすぐに質問できる
  • ほかの受講者もいるので、コミュニケーションを図れる

デメリット

  • 2級は1日、1級の予備講座は2日拘束されるので、時間をとれない方はつらい
  • 2級(23,100円+交通費)+1級の予備講座(32,400円)の費用が高い

最後に

1級取らないと整理収納アドバイザーとしては仕事できないのが衝撃でした。

どうせだったら1級をとりたいところですが、ユーキャンで取得するか、公開講座で取得するかが悩みどころですね。
後々の人脈つくりとか考えると公開講座かな・・・。

ただ、東京・名古屋・大阪あたりは比較的、公開講座や1級予備講座は多いのですが、地方になると少ないです。
地方の方はユーキャンがおすすめかな。

ほかにも片づけ・収納系の資格を知りたい方はこちらの記事がオススメ!

こんなにあるぞ! 収納・整理・片づけのプロがよく持っている7つの資格こんにちわ! イチヒラです。 以前、整理収納アドバイザーについて記事を書きました。 公開講座に行こうと思って、講師の先生のプロフ...
ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。