お金

カーシェアリングとレンタカー、それぞれのメリット

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

最近ではカーシェアリングというのがとても流行ってきています。

海外ではかなり前からカーシェアリングが流行っており、日本もだんだんと普及してきました。

でも

「カーシェアリングってレンタカーと何が違うの?」

といまいちピンと来ていない人も多いでしょう。

今回はカーシェアリングとレンタカー、それぞれのメリットを簡単に紹介していきます。

カーシェアリングとは

カーシェアリングとは、特定の車を会員同士で共有して、利用することができるサービスです。

カーシェアリングの車は無人のステーションに置いてあり、会員であれば会員カードやスマホさえあればいつでも利用することができます。

そのため利用のたびに書類を書かされるレンタカーと違って、面倒な手続きもなく借りることができるのが特徴です。

また、短時間だけ借りることも可能で、

「買い物で大きい荷物買うから車を使いたい」
「旅行先で、1時間だけ車を使いたい」

といったときも財布にあまり負担をかけることなく利用することができます。

カーシェアリングとレンタカーそれぞれの特徴

カーシェアリング レンタカー
会員登録 必須 任意(割引あり)
月額費用 一部あり
(0~1000円前後)
※ただし、月額費分は無料で利用できる
なし
利用可能時間 24時間いつでも 店舗の営業時間
最低利用時間 10分~ 3時間~
利用方法 ネット予約 ネット、電話、店頭
乗り捨て 不可 一部可能
ガソリン代 付属の給油カードを利用(無料) 利用者支払い(満タンで返却)
車種の選択 選びにくい 選びやすい

カーシェアリングのメリット

短時間利用が可能で料金が安い

レンタカーは、最低3時間や最低6時間からの料金体系のところがほとんどです。

そのため、「ちょっと買い物に使いたい」とい方が利用するには料金が高すぎます。

カーシェアリングは”最低15分から利用OK”といった短時間利用可なところが多く、ちょっとした買い物や突然の送り迎えなんかにも対応できます。

15分単位や、30分単位の料金になるので、短時間利用ならレンタカーに比べて圧倒的に安く使うことができます。

10分利用で150円~200円程度のお手頃な価格で利用することが可能です。

ガソリンを満タンにして返す必要なし!

レンタカーは車を返す時に、ガソリンを満タンにして返す必要があります。

当然ガソリン代は利用者持ちなので、これが地味に痛いです。

カーシェアリングはガソリンを満タンにする必要がありません。

当然いろいろな利用者がいてガソリンを給油せずに返している場合もあるので、自分が利用中にガソリンを給油しなければいけない場面に遭遇することもあります。

しかし、カーシェアリングの場合は車内に給油カードがあるので、その給油カードを使えば料金を支払う必要がありません。

しかも給油したら利用料金の割引や、次回利用時のクーポンなどが発行されたりします。

24時間いつでも利用可能

カーシェアリングはレンタカーと違い、店舗を持たないので24時間いつでも利用することができます。

スマホからいつでも予約可能で、10分前とかにも予約できます。

空き情報もスマホから確認できるのも魅力的です。

レンタカーだと前日までだったらネット予約可能だが、当日予約は電話のみというところが多かったりします。

電話予約が嫌な人とかにはカーシェアリングはオススメです。

突然のキャンセルもOK

レンタカーだと、「予約の○○時間前(○○日前)は料金の○○%請求します」といった規約があったりします。

そのため、体調不良などで車の利用ができなくなった場合に、キャンセル料を請求されてしまうことがあります。

また、「営業開始時間になってないからキャンセルできない!」という事態もあり得ます。

その点、ほとんどのカーシェアリングは”直前まで予約キャンセルOK”となっています。

しかもネットから簡単にキャンセルできるので、電話したり店舗に直接行く必要がありません。

また、24時間いつでも利用可能なので、「営業開始時間になってないからキャンセルできない!」という事態も発生しないのも特徴です。

レンタカーのメリット

会社によっては他店に乗り捨てすることができる

カーシェアリングの場合、かならず借りたステーションに車を返す必要があり、別のステーションに乗り捨てすることができません。

なので、里帰りに乗って行って、別のステーションに乗り捨てて料金を節約するということができません。
地元に帰ってくるまで料金が発生し続けることになります。

一方レンタカーは、レンタカー会社によっては、借りた店とは別の店に車を返す(乗り捨てする)ことができます。

なので、里帰りに乗って行って、別の店舗に乗り捨てして2~3泊。
そのあと、再び借りて最寄りの店舗に返すいうこともできます。

行き帰りの足に使いたいという場合は、乗り捨て可能なレンタカー会社がオススメです。

いろいろな車種から選べる

カーシェアリングは、ステーションにおいてある車に乗ることになります。

ステーションには決まった車種が数台しか置いてありません。

そのため、「プリウス乗りたいな~」と思っても最寄りのステーションには軽自動車しか置いてなかったりすることがあります。

レンタカーであれば、在庫数も豊富なのでいろいろな車種の中から希望のものを選択することがあります。

予約時点では希望車種がその店舗になくても、系列の店舗からわざわざ持ってきてくれるレンタカー会社もあります。

また、引っ越しなんかに利用される軽トラや商用バンなんかもレンタカーのほうが多かったりします。

1日以上使うなら、レンタカーのほうがお得

カーシェアリングは、10分150円~200円ぐらいの価格なので短時間なら安く済ませることができます。

しかしその反面、長時間使う場合は割高になってしまうことも。

一応、6時間パックや12時間パックなどのパック料金もありますが、レンタカーを借りたほうが安くなる場合が多いです。

ただ、6時間運転しっぱなしなら、ガソリン代とかを考えるとカーシェアリングのほうが安いかもしれません。

車内がキレイ

キチンとしたレンタカー会社なら、車が返却されるたびに清掃・洗車を行っているため、利用者はいつでもキレイな車を利用することができます。

一方、カーシェアリングは洗車は基本利用者まかせのことが多いので、外観が汚かったりすることがあります。

ですから、キレイ好きなかたはレンタカーのほうがオススメです。

長時間利用ならレンタカー!短時間利用ならカーシェアリングがオススメ!

長時間つかうなら、ほぼほぼレンタカーのほうがお得です。

カーシェアリングは、たまにスポットで使いたい方にとってはレンタカーよりお得になります。

利用するときは、レンタカー料金とカーシェアリング料金を比較してみて、お得な方を選ぶようにしましょう!

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。