整理・収納

モノが捨てられない・片付けられない人の4つの特徴と対策

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

みなさんはモノを捨てたり、片づけたりするのはとくいですか?
正直、僕は苦手です。

「なんでだろうなー」

と長年謎だったのですが、最近片付け本を読むようになってなんとなく原因がわかってきました。

今回はモノが捨てられない・片付けられない人の4つの特徴と対策を紹介します。

1.「もったいない」精神のある日本人気質のある人

はっきり言います。

「もったいない」と言って使わない物をいつまでも持っていることは悪です。

  • 数年読んでないけど、そのうち読む参考書がある
  • ちょっと太ってしまい「痩せたら着る」と服をクローゼットにしまいこむ

皆さんの知り合いにも、こんな行動をとってしまう人いませんか?

数年読んでいない参考書を再び読むことはこの先無いでしょうし、必要になったら新しい本を追加で買うでしょう。
「痩せたら着る」とか言っている服はしばらく着ることはないし、とりあえずは今の体型に合った服を買うでしょう。

このように「もったいないから」と言って”いつか使う・着るモノ”を残しておくと、モノはどんどんあふれてきます。
はっきり言って、使わないモノを保存しておくスペースがもったいないです。

まずは今必要かどうかを考えて、今必要ではないモノはバッサリと捨ててしまいましょう。

もちろん、よく使うし気に入っているものを「もったいない」から大事に使うことは全然問題ないです。

2.「安いから」とティッシュとかトイレットペーパーを大量に買う

スーパーとかドラッグストアに行くと、よくティッシュやトイレットペーパーが

「おひとり様3個まで〇〇円!」

みたいなセールやっていることありますよね。
家計を切り詰めていたりすると、こういうセールは非常にありがたいです。

しかし、別に今すぐ必要ではないのに「安いから」と買ってしまう人は要注意です。
気づかないうちにどんどんストックが増えてしまい、家の中を圧迫してしまいます。

対策はとても簡単です。
まずは家にストックがあるかどうかをじっくり思い出してみてください。
そしてストックがなければ買って、ストックがあれば買うのはやめましょう。
たったこれだけです。

こうやって無駄なストックを減らしていけば、家がすっきりするだけでなく無駄な出費も減らすことができます。

3.もらった物を捨てられない

旅行好きの知り合いが多い方は

「これお土産」

とモノをもらうことが多いかと思います。
食べ物系だったら食べて終わりなのですが、置物とかだと大変ですよね。

人からもらったモノはとても捨てにくいです。
捨てるのが申し訳なくてなかなか捨てられない方も多いでしょう。

しかし、申し訳ないからと言っていつまでも持っていると、どんどんモノがあふれてしまいます

そんな時は考え方を変えてみます。
相手の方も「こいつの家をお土産で溢れかえらせてやる」みたいなことは微塵も思っていないはずです。
だからもらったモノにではなく、モノをくれたという行為や気持ちに感謝するのです。
そうすれば、もらったモノも捨てやすくなります。

4.必要なものはすべて自分の近くに置く

僕はリビングのテーブルでテレビを見ながら作業をすることが多く、ほぼそこから動くことがありません。
そのためテーブルの上には、リモコン・ノートPC・本・コップ・メモ・財布・スマホ・タブレットが載っています。

寝るときは片づけないで寝室へ行ってしまうので、テーブルの上にはモノが散乱した状態になります。

このように、自分の作業スペースにモノが集中している人は要注意です。
自覚してからは寝る前にとりあえず片づけるようにしました。

最後に

いかがですか?
意外と自分にも当てはまることはあったのではないでしょうか。

もし当てはまったのなら、この記事が参考になることを願っています。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。