趣味

100均グッズで、撮影ボックスを自作してみた

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

最近地味に写真撮るのにハマり始めました。

ハマったといってもスマホで撮るだけなんですけどね(笑)

撮り始めたばっかりなので、センスとかはほぼゼロに等しいです。

買ったものをブログで紹介するさいにもよくスマホで撮っているのですが、変な光が入ったり、なんかうまく撮れなくてヤキモキしています。

いろいろ調べているうちに「撮影ボックス」なるものが存在するらしく、それを使えばヘタクソでもそれなりに見えるようになることがわかりました。

しかし調べてみたところ、安いものでも3,000円程するので「3,000円か・・・」とちょっと躊躇してしまいました。

なので、今回は撮影ボックスを自作することにしてみました!

いろいろ調べた結果100均のグッズで撮影ボックスを作ることが分かったので、さっそく作ってみることに!

ちなみに今回はすべてダイソーで買いそろえました。

今回買った100均グッズ

撮影ボックスを作るのに必要な材料
  • フリーマルチパネル × 4枚
  • 連結ジョイント(4個入り) × 2個
  • 目玉クリップ(8個入り) × 1個
  • はぎれ(黒) × 1枚
  • フェルト(白) × 1枚

材料費900円

フリーマルチパネル × 4枚

撮影ボックスの骨組みになるパネルです。
最低4枚は購入しましょう。

フリーマルチパネルは御覧の通り、パネル部分が半透明になっているので外部からライトを当てるのにぴったりです。
四隅が空いている点がちょっと残念ですね。
まあ100均だし撮影ボックス専用のものではないので、仕方ないですけど・・・(笑)

連結ジョイント(4個入り) × 2個

フリーマルチパネルを組み立てるのに使うジョイントです。
一袋4個入りで、最悪1袋だけでもOKですが安定させたかったので2袋購入しました。
ちなみに、結束バンドでも代用できますが、分解したりできなくなるので今回は見送りました。

目玉クリップ(8個入り) × 1個

背景となる布を撮影ボックスに固定させるのに使います。
我が家にはクリップなんてものはなかったので、購入しました。
固定できればいいので、テープとかでも代用できます。

はぎれ布とフェルト(背景に使う)

撮影ボックスの背景に使うために、黒のはぎれと白のフェルトを購入しました。
ダイソーにはほかにもデニム生地なんかもあるので、場合によってはそちらを購入してみるのもいいかもしれません。

撮影ボックスの作り方

フリーマルチパネルを組み立てボックスを作る

フリーマルチパネルとジョイントを使って、撮影ボックスを組み立てます。
下の写真のようにフリーマルチパネルをジョイントに連結させて、ボックス状にします。

5分もあれば下の写真のように撮影ボックスが完成するはずです。
天井部分が空いていますが、天井部分からライトを当てたくない場合は、ひっくり返せばOKです。

はぎれとフェルトを使って撮影してみる

まずは、はぎれを背景に撮影してみます。

はぎれを目玉クリップでマルチパネルに固定させます。

早速撮影してみました!
普通に撮るのと違って、結構いい感じに取れました!

白フェルトに交換して撮影もしてみました。
こんな風に背景を簡単に変えられるのもいいですね!

最後に

今回の撮影ボックスは下の写真のようにひっくり返せば、ライトの光の調整ができるのも特徴です。
上にライトを置いたりすることもできます。

パネルをつかすればある程度サイズの変更も可能です。
また、使用後は簡単に分解して片づけることができるので、収納場所も取りません。

撮影ボックスに悩んでいる方は一度作ってみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。