整理・収納

ダイソーの突っ張り棒と網でデッドスペースに棚を作ってみた

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

皆さんは、突っ張り棒を活用していますか?

突っ張り棒は何かを引っかけたりするのに非常に便利で、ダイソーやセリアやキャンドウなどの大手の100均ショップでは必ず売られているアイテムです。

突っ張り棒単体でも便利ですが、ちょっと手を加えるだけでさらに便利になります。

今回は、ダイソーの突っ張り棒と網を使ってデッドスペースに棚を作ってみたので紹介します!

今回棚を作る場所

今回は脱衣所にある洗濯機の上のスペースに棚を作ることにしました。

ご覧のようにデッドスペースがあります。

ここにバスタオルなんかを乗せれるようになると、非常に便利になるに違いありません。

今回買った100均アイテム

突っ張り棒×3本


70~120㎝まで伸縮可能で耐荷重1㎏の突っ張り棒を3本購入しました。

2本あれば棚を作ることはできますが、耐荷重が1kgなのでもう少し重いものを乗せれるように3本購入することに。

網×1


棚の天板につかう網を1枚購入しました。

ダイソーには、突っ張り棒で棚を作る専用の天板が売られています。

しかし、突っ張り棒2本にしか対応していないので耐荷重が不安なうえに、横幅などが気に入らなかったので、ある程度サイズ変更が可能で突っ張り棒を複数使える網を使うことにしました。

ちなみに今回買った網は150円でした。

結束バンド×1


突っ張り棒と網を固定するために購入しました。

今回は突っ張り棒と網の色が白なので、目立たない白色の結束バンドを購入しました。

突っ張り棒と網を固定できるなら、クリップでもセロテープでも問題ありません。

突っ張り棒棚の組み立てと設置

棚の組み立て

まずは網の上に突っ張り棒をおいて、固定する位置を決定します。

正面から見た時に突っ張り棒が見えにくいように、端で固定するのではなく、すこし内側で固定することにしました。

位置が決定したら、結束バンドで突っ張り棒と網を固定します。

最初は緩めに固定して、微妙な位置調整を行ってから、しっかりと固定します。

写真のように結束バンドを2本使ってクロス上にするとしっかり固定できます。

結束バンドで固定が終わったら、バンドの飛び出た部分をハサミでカットします。

これで棚は完成です。

棚の設置

棚の設置は簡単です。

突っ張り棒部分の長さを調整して、しっかりと固定させます。

ぎゅっと上から押さえつけてみますが、まあまあしっかりしています。(おそらく本気で押さえつけたらぶち壊れるでしょうけど)

ためしにバスタオルと洗剤と下着入れを置いてみました。

まあまあ重量がありますが、問題なく棚の役割を果たしてくれています。

最後に

重量のあるものをのせたいなら、ちゃんとした突っ張り棚を買おう!

今回作成した棚の場合、バスタオル程度なら問題なくのせることができます。

しかし、もっと重量のあるものをのせたいなら、ちゃんとした突っ張り棚を購入するべきです。

今回の棚に突っ張り棒さらに追加すれば、耐荷重はある程度増やすことができます。

しかし、あまり本数を増やしてしまうと値段が同じくらいになってしまいます。

普通に既製品の突っ張り棚を購入したほうが見栄えもいいし、安定感もあるので、重量があるものを乗せるならちゃんとした突っ張り棚を買いましょう!

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。