整理・収納

【家庭でトヨタ式の片づけ・整理】不要なモノを捨てて、モノを減らす方法

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

世の中には、いろいろな片付けの方法があります。

トヨタ式の片付けもその一つです。

トヨタ式と聞くと仕事用のイメージがありますが、家庭の片づけにも応用することができます。

トヨタの片づけを家庭で実践するには、5Sをしっかりと理解する必要があります。

今回は、家庭でトヨタ式の片づけで、不要なモノを捨ててモノを減らす方法を紹介します。

整理はトヨタ式の5Sの一つ


整理はトヨタ式の5Sの一つです。

5Sとは、”整理”・”整頓”・”清掃”・”清潔”・”しつけ”の言葉をローマ字にした際の頭文字をまとめたものです。

今回する”整理”は、いらないモノを捨てる作業のことを言います。

片づけが苦手な人は、”整理”が苦手でいらないモノを大量に抱えた結果、部屋がごちゃついてしまう傾向があります。

不要なものを捨てるだけで、かなり部屋がすっきりするので、まずは”整理”から手を付けます。

家庭で使えるトヨタ式の片づけ術!4つのムダを探して、5Sで徹底的にムダをなくす!こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です! みなさんはトヨタ式の片づけ術って知ってますか? 「トヨタってあの車...

家庭でトヨタ式の片づけ・整理の仕方

整理するカテゴリーを1つに絞る


まずは、片づけるモノのカテゴリーを決めます。

いきなり家にあるモノすべてに対して片づけしようとすると、量も多くとんでもない時間がかかってしまいます。

そのため、1つのカテゴリーにすることで、整理の対象であるモノを抑えることができ、集中して整理することができるようになります。

カテゴリーに属するものすべてを出して、1か所にまとめる


カテゴリーが決まったら、そのカテゴリーのモノをすべて出して1か所にまとめます。

本なら本棚からすべての本を出す。洋服なら夏服冬服問わず、すべての服をタンスやクローゼットから出します。

すべてを出すことによって、モノの総量がわかります。

モノの総量がわかるようになると、買い物のときに「今はたくさんあるから、いいか」とムダ遣いをしにくくなる効果があります。

また、モノによってはいろいろな場所に分散して収納している場合、片づけが終わったと思っても変なところからモノが出てきてしまい、片付けが永遠に終わらなくなってしまいます。

そんな事態を防ぐためにすべてを出して、1か所にまとめるのです。

ちなみに、全部取り出したつもりでも、どうしても変なところからモノが出てくる場合があります。

そんな時は、変なところから出てきたモノはバッサリ捨ててしまいましょう。

整理のときに見つけられなかったということは、ほぼこれから使うことはありません。

すぐ使うモノ、いつか使うモノ、ずっと使っていないモノに分ける


まとめたモノを、”すぐ使うモノ”・”いつか使うモノ”・”ずっと使っていないモノ”に分けます。

すぐ使うモノは、簡単にまとめれると思います。

問題は、”いつか使うモノ”と”ずっと使っていないモノ”です。

この二つは非常に性質が似ているので分けにくく、時間がかかるかもしれません。

「1年以内に1回は使ったモノ」「1年以上使っていないモノ」とざっくりした基準で分けてしまうのもいいでしょう。

「すぐ使うモノ、いつか使うモノ、ずっと使っていないモノ」にしましたが、自分なりのルールで分けてしまっても構いません。

自分ルールを設定する場合は、必ず明確なルールにするようにしましょう。

ずっと使っていないモノを捨てる。いつか使うモノは、期限を決める


先ほど分けたモノのうち、”ずっと使っていないモノ”はバッサリと捨ててしまいましょう。

ずっと使っていないということは、これから使われる可能性が非常に低いので問題が発生することもないでしょう。

ちなみに、ずっと使っていなくても、思い入れのあるモノは捨てなくてもOKです。

あとは、「すぐ使うモノ」「いつか使うモノ」を収納します。(今回は整理だけなので、収納方法は割愛します)

この時、”いつか使うモノ”に関しては、保管する期間を決めましょう。

例えば3か月保管すると決めた場合、3か月間一度も使われることがなければ、これからも使われる可能性は低いです。

なので、保管期間が過ぎてしまったものも捨ててしまいます。

注意

ずっと使っていないモノでも、「契約書」「マイナンバーカード」などの重要なものは捨てないように気を付ける必要があります。

ポイント・注意点

家族・同居人のモノ・共用で使っているモノは勝手に捨てない


家族や同居人のモノ・共有で使っているモノは勝手に捨てず、必ず確認をとるようにしましょう。

自分にとっては不要なモノであっても、相手にとってはとても大切なモノかもしれません。

仮に相手にとっても不要なモノであっても、勝手に捨ててしまうと「捨ててもいいけど、なんで相談してくれなかったんだよ!」とケンカになってしまう可能性もあります。

1つ買ったら1つ捨てるつもりでいること


せっかく捨ててすっきりしても、次から次へと買い足していては意味がありません。

これ以上モノを増やさないためにも「1つ買ったら1つ捨てる」というルールを決めるようにしましょう。

このルールを徹底すると、本当に必要なモノだけ買う癖がつくので、モノも増えませんしムダ遣いを減らすこともできます。

参考になる書籍

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。