お金

【電子マネー】ポストペイ型電子マネーとクレジットカードの違い

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

ボクはポストペイ型電子マネーのQUICPayを利用しています。

これが非常に便利で、周りの人に

「あ、まだ電子マネー使ってないのwww」

とかやって嫌われています(笑)

しかし、電子マネーをオススメすると

「ていうか、クレカと何が違うん?」

とよく質問を受けることが多くなりました。

なので、今回はポストペイ型電子マネーとクレジットカードの違いを紹介していきます!

そもそもポストペイ型電子マネーとは?

後払い方式の電子マネー


ポストペイ型電子マネーとは、後払いできる電子マネーのことです。

Suicaやnanacoなどの電子マネーはプリペイド型と呼ばれており、先にカードにお金をチャージする必要があります。

なので気を付けていないと

「あ、足りない」

という事態が発生します。

ポストペイ型電子マネーはチャージ不要で、連携しているクレジットカードに請求が行きます。

そのため事前にクレジットカードを契約し、電子マネー契約時にクレジットカードと結びつける必要があります。

プリペイド型と比べて契約のハードルは上がりますが、チャージの必要がないので、個人的にはプリペイド型のほうが使いやすいです。

代表的なポストペイ型電子マネー
  • QUICPay
  • iD

クレジットカードとの違い

電子マネーはサインいらずで、暗証番号の入力もなし!


「結局クレジットカード必要なら、クレジットカードでよくね?」

と思っている方も結構いるでしょう。

実際ボクもそう思っていました。

ですが、実際に使ってみるとクレジットカードに比べて圧倒的に手軽だということがわかりました。

最大の特徴は”サインを書かない・暗証番号を入力しなくていい”という点です。

クレジットカードで支払いをするとき、レシートみたいなやつにサインするか、暗証番号を入力する端末を渡されます。

サインはまだいいですが、セキュリティのために暗証番号を使い分けている場合、「あれ?このカードの番号なんだっけ?○○○○はキャッシュカードだし、▲▲▲▲であってたっけ?」と迷ってしまうことがあります。

そしてクレジットカードは暗証番号が間違っていたら焦りますし、なんかすごく恥ずかしい・・・(笑)

結構後ろに並んでいる場合だと、プレッシャーが半端ないです。

一方電子マネーならそんな心配はいりません。

電子マネーはカードを専用の端末にかざすだけ。

財布から現金を探したりクレジットカードを使うよりも早く決済が完了します。

混んでる朝のコンビニなんかで使うと、快適に買い物ができます。

電子マネーはブランドによって使える場所が限られる


ポストペイ型に限らず、電子マネーはブランドによって使える場所が限られています。

「いや、クレジットカードもそうだろ」

とツッコミを入れたあなたは、まだまだ電子マネーについてわかっていません。

ほんとにビックリするぐらい使える場所が限られてるんです・・・!

クレジットカードの場合、クレジットカード決済ができるところなら大抵のブランドは決済できます。

JCBやAMEX、DINERSあたりは比較的使えない場合もありますが、MASTERやVISAはまず使えないことはありません。

それに比べて電子マネーときたら・・・(#^ω^)

「QUICPay?あ、うちEdyとnanaco派なんで(笑)」
「Edy?あ、うちWaon、QUICPay派なんで(笑)」

みたいなことがたまーにあります。

お店によって推しの電子マネーがあるのか、ボクが利用しているQUICPayが使えないことがあって、本当にイライラします(笑)

とはいえ、大手のコンビニやドラッグストアなら大体使えるので安心してください。

リボ払いや分割払いができない


ポストペイ型の電子マネーは、クレジットカードと違ってリボ払いや分割払いができません。

1回払いになります。

「分割払いできないのかよ」

と思われるかもしれませんが、分割払いしなければいけないほど高いお店には、そもそも電子マネー取り扱ってない場合が多いです。

使えるお店も、コンビニ・スーパー・ドラッグストア・ファミレス・ガソリンスタンドなど高くても数千円~2万ほどのお店が多いです。

クレジットカードと違って、日常生活に密着しているのが電子マネーともいえるでしょう。

実際、QUICPayに関しては1回の支払いが2万までと決まっています。(一部2万以上使えるお店もあります)

ボク自身、電子マネーがお使える店で分割払いするほど買うことなんかめったにないので、不自由したことがありません。

なので、分割払いできない点はあまりデメリットにはならないでしょう。

さいごに

コンビニでもクレカのポイントがためれるポストペイ型はすばらしい!

クレジットカードは、コンビニで少額決済するときはサインや暗証番号入力の手間を考えると、すこし使いにくいことがあります。

しかしポストペイ型電子マネーはクレジットカードと違って、コンビニ等でもすばやく手軽に使うことができます。

しかもクレジットカードと連携しているので、クレジットカードのポイントもたまります。

よくコンビニやスーパー、ガソリンスタンドを利用するなら、ポストペイ型電子マネーはオススメです!

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。