お金

収入が安定してるなら、先取り貯金で確実に貯金しよう!

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

あなたは貯金をしていますか?

「貯金しようとしてるけど、使いすぎちゃってできなかった」

ということがあったりするのではないでしょうか。

そんなあなたにオススメしたいのが、先取り貯金です!

先取り貯金はボクみたいな収入が安定しているサラリーマンには非常にオススメの貯金方法で、ボクも先取り貯金でお金をためています。

今回は、確実に貯金が貯まる先取り貯金について紹介していきます!

先取り貯金とは

確実に貯金できる方法

先取り貯金は確実にお金が貯まる貯金方法です。

やり方は非常に簡単で、お金が入ったら決まった金額を貯金用口座に移してしまうだけです。

先に貯金分を確保してしまうので、「使いすぎて貯金ができない!」なんてことはおこらなくなります。

収入が安定している方向け(月の給料が決まっている方)の貯金方法で、毎月確実に貯金することができるのでオススメです。

逆に収入が安定していない場合は、貯金額を低めに設定しないと貯金は難しいのであまりオススメできません。

オススメの先取り貯金のやり方

メインの口座とは別に貯金用の口座を作る

給料が振り込まれたり、クレジットカードの請求先などになっているメインの銀行口座とは別に、貯金専用の銀行口座を作りましょう。

メインの口座で貯金をすると、「まあ貯金あるし、今月はちょっと多めに使ってもいいか」という心理が働き、ついついクレジットカードなどを使ってしまう場合があります。

それは”使っていいお金”と”貯金するお金”が明確になっていないために発生してしまうのです。

貯金専用の口座にお金を移すことによって、”使っていいお金”と”貯金するお金”が明確になります。

”使っていいお金”のみを使うようになるので、「”使っていいお金”が少ないから、ムダ遣いを抑えるか」という心理も働きやすくなります。

貯金専用の口座は緊急時以外にはお金を引き出さないようにします。

もちろん、クレジットカードの請求先にもしてはいけません。

メインの口座から貯金用口座に自動でお金が振り込まれるようにする

銀行によっては、自動送金サービス(自動振り込みサービス)と言われるサービスを提供している場合があります。

自動送金サービスはその名の通り、指定日に自動でお金を振り込んでくれるので、定期的に振り込みを行っている人には非常に便利なサービスです。

この自動送金サービスを利用して、メインの口座から貯金用口座に自動でお金が振り込まれるようにしてしまいましょう。

最初に設定しておけば、振り込みを忘れてしまっても自動で振り込まれるので確実に貯金できるので安心です。

忙しくて後回しにしてしまうという方には、ありがたいサービスといえるでしょう。

ボク自身、「あとでいいや」と後回しにして忘れることが多かったので、自動送金サービスは非常にお世話になっています。

ただ、自動送金サービスは無慈悲に決まった金額を振り込むので、「今月はちょっと少なめの貯金で・・・」という細かい調整ができないのが難点です。

メインの口座にお金が溜まってきたら、貯金用口座に移してしまう

メインの口座にあるお金は基本的に”使ってもいいお金”です。

しかし、いくら”使ってもいいお金”といっても、毎月全額使うことはほぼ無いでしょう。

多少は残っているはずです。

その”多少残したお金”も何か月かすると少しずつ貯まって、それなりのまとまったお金になってきます。

ある程度まとまったお金になったら、急な出費対応用の金額だけ残して貯金用口座に移してしまいましょう。

金利狙いの自動積立定期預金もオススメ

自動積立定期預金のメリット

人によっては「貯金口座作るのめんどくさい」「キャッシュカードや通帳が増えるのはイヤ」という方もいるでしょう。

そんな方は自動積立定期預金もオススメです。

普通預金の口座から毎月指定日に、指定金額を定期預金として振り込みをしてくれます。

貯金用口座を作って送金する場合との違いは、金利です。

貯金用口座はあくまでも普通口座なので、年0.001%以下だったりとあまり利率はよくありません。

その点、自動積立定期預金だと年0.15%ほどする場合もあり普通預金で貯金するよりも金利がいいです。

貯金して寝かせるだけなら、自動積立定期預金を利用するのがいいでしょう!

自動積立定期預金のデメリット

自動積立定期預金にもデメリットがあります。

それは、いざというときお金をすぐに引き出せないという点です。

定期預金のお金を引き出す場合は、”中途解約”という手続きを踏む必要があるので非常に手間がかかります。

インターネットバンキングの場合は、ネット経由で比較的早く解約できますが、コールセンター経由の場合は数日かかる場合があるので注意が必要です。

先取り貯金の注意点

手数料に気を付ける

先取り貯金をするなら、振込手数料に気を付ける必要があります。

別口座への振り込みは基本的に手数料がかかり、金額によって手数料が違う場合もあるので注意が必要です。

なので、最低限の手数料で済むように先取り貯金はこまめに行うよりも、”月に1回”などのルールが必要になってきます。

裏技とまでは言いませんが、振込手数料を0円にすることができる場合があります。

銀行によっては、「預入金額が○○円以上なら、月1回まで手数料無料」「当銀行から指定銀行への振り込みは月3回まで無料」などのサービスもあるので、そのあたりもチェックしておきましょう。

先取り貯金・残金貯金・目的別貯金。あなたにピッタリの貯金方法はどれ?こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です! 皆さんは貯金していますか? 僕は頑張って貯金しています。 「貯金...
ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。