サービス・ツール

【ブロガー必見?】画像を圧縮してくれるWEBサービスとWordPressプラグイン

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

あなたは、ブログに画像をアップロードするときに圧縮をかけていますか?

圧縮をかけていない画像と、圧縮をかけた画像では画像の容量がかなり違ってきます。

今回は画像を圧縮してくれるWEBサービスとWordpressプラグインを紹介していきます!

画像圧縮をする理由

ページの表示速度がはやくなる

一部のジャンルのブログを除いて、多くの人がスマホでブログを見ることになります。

ブログのの表示速度は、文字数やCSS・画像の容量によって変わってきます。

容量の大きい画像を使っていると、それだけページの表示速度が遅くなるので注意が必要です。

みんながWifiにつながったスマホで見ているのならば体感速度はあまり変わらないのですが、携帯回線で通信を行うとかなり表示速度が変わってきます。

ページの表示速度が遅くなれば、そのぶん「このページなかなか開かないな・・・別のページ行くか」となってしまうのでアクセス数にも響いてきます。

当然スマホのデータ通信量も多くなるので、人によっては気にする人もいるでしょう。

画像を圧縮することによって、ページスピードをかなり改善することが出来ます。

SEO対策にもなる

ページの表示速度は多少Googleの評価にも関係があります。

ページ表示速度がものすごく遅いページはGoogleの評価が悪くなり、順位が下がります。

「ものすごく遅いページだけでしょ?」

と思うかもしれませんが、少しでも順位を上げるためには画像を圧縮してページの表示速度を早くしておくに越したことはありません。

ページの表示速度は、「PageSpeed Insights」を利用すれば計測することが出来るので、必ず確認しておきましょう!

画像圧縮の方法

画像を圧縮するには、Webサービスを利用する方法と、Wordpressのプラグインを使う方法の2通りがあります。

Webサービスでオススメなのは、TinyPNGです。

TinyPNGは使い方も非常に簡単で、画像をドラッグ&ドロップするだけでJPEGとPNG画像を圧縮してくれるサービスです。

WordPressのプラグインでオススメなのは、Compress JPEG & PNG imagesです。

プラグインによっては、Wordpressを使っているサーバの機能を使って画像の圧縮をする場合があり、サーバに負荷がかかってしまうのとサーバによってはそのプラグインを使えなかったりします。

しかし、オススメしている「Compress JPEG & PNG images」は、画像の圧縮を実は「TinyPN」を使っているので、サーバーに負荷はかかりません。

TinyPNGへの登録が必要なのと、無料で圧縮できるのは月500枚までという制限はありますが、Wordpress上で自動で圧縮してくれるので非常にオススメです。

TinyPNGを使って画像を圧縮する

早速TinyPNGにアクセスしてみましょう。


Drop your .png or .jpg files here!」と書かれている部分に圧縮したい画像をドラッグします。

クリックした場合はファイル選択ウィンドウがでるので、そちらで圧縮したい画像を選ぶのもOKです。

複数画像のアップロードも可能で、同時に20枚までアップすることができます。

-55%!?

メチャクチャ画像量が削減されました!

あとはDownloadリンクをクリックすれば、圧縮された画像をダウンロードすることが出来ます。

Compress JPEG & PNG imagesで圧縮する

インストール

Compress JPEG & PNG imagesのプラグインをインストールします。

プラグインの新規追加で「Compress JPEG & PNG images」を検索します。

Compress JPEG & PNG imagesが見つかったら、インストールボタンをクリックしましょう。

インストールが完了したら、有効化をして設定画面に移動します。

何も設定されていない状態だと、次の画面が表示されます。


Register new Accountの「Your full name」にアカウント名を、「Your email address」にはメールアドレスを入力して、Register Accountボタンをクリックしましょう。

Register Accountボタンをクリックすると画面表示が以下のように切り替わります。

「アクティベート用のURLをメールで送ってあるよ」といった感じの画面です。

先ほど「Your email address」に入力したメールアドレスに、アクティベート用のメールが届いているはずなので、確認してみましょう。

下記のメールが届いていたら、「Activate Your Account」をクリックしましょう。

アクティベートが完了したら、プラグインの設定画面を更新してください。

画面がが下記のようになっていれば、インストールが完了です。

あとは、いつも通り画像をアップロードするだけで画像が圧縮されます。

圧縮のタイミングを設定する

初期状態だと、アップロードしてしばらくしてから圧縮が始まります。(タイミングは謎)

圧縮のタイミングを設定したい場合は、設定画面の「New image uploads」で変更することが出来ます。

Compress new images in the background (Recommended)

初期状態だとこの設定になっています。

Reccomendとなっているように、こちらが推奨設定です。

アップロードしてしばらくしてから圧縮が始まるので、今までと変わらない速度で画像をアップロードすることが出来ます。

圧縮されるタイミングが謎なのがちょっと不満です。

注意してほしいのは、無料版だと1か月に500枚までしか圧縮できないという点です。

Compress new images during upload

アップロードと同時に画像の圧縮がされます。

アップロードと同時に圧縮が開始されるので、「いつ圧縮されるんだ?」と不安に思うことがありません。

そのかわり、アップロード速度がムチャクチャ遅くなるのが難点で、複数ファイルをアップロードすると結構待たされます。

Do not compress new images automatically

自動で圧縮しないようにする設定です。

圧縮する画像を選びたかったり、一時的に画像のアップロードを止めたい場合に設定しましょう。

圧縮してみた結果

では実際に圧縮をしてみます。

まずは圧縮前の画像です。
画像容量は244KBあります。

続いて、圧縮後の画像です。(ちなみに、TinyPNGもCompress JPEG & PNG imagesも圧縮率は同じ)
画像容量は109KBまで圧縮できました。

御覧のように、圧縮前と圧縮後で見た目があまり変わりません。

にもかかわらず、244KBが109KBまで圧縮されるのはとてもありがたいです。

さいごに

画像の圧縮だけでなく、大きさ(サイズ)も気を付ける

今回は画像の圧縮についてのみ紹介しました。

しかし、画像の大きさ(サイズ)にも気を付ける必要があります。

画像の圧縮をかけていても、元の画像の大きさが4000×3000とかではあまり意味はありません。

とくにスマホやカメラで撮った写真はかなり大きいので、注意が必要です。

ブログ用の適切な大きさにしてから圧縮をかけるようにしましょう。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。