「マンガでよくわかる 教える技術 チームリーダー編」でリーダーに必要な知識を知る。

こんにちわ!イチヒラです。

みなさんはチームリーダーになったことありますか?

新人に仕事を教えるのとは違って、個性豊かなメンバーをまとめるのって大変ですよね。

「もう!みんないうこと聞いてよ!」

と叫びたくなったりすることもあるかもしれません。

今回はそんな人にピッタリの本 「マンガでよくわかる 教える技術 チームリーダー編」をご紹介します。

オススメしたい人

  • リーダーの経験はあるけど、なかなかうまくいかなかった人
  • 初めてのリーダーで、苦労している人
  • コミュニケーション能力に不安がある人

チームリーダーとしての「教える技術」を教えてくれるストーリー

主人公は、国内外に支店を持つカジュアル衣料品店「ナチュレル」の本社・マーチャンダイジング部門で課長をつとめている糸数和彩さん。エリアマネージャーとしての実績を買われ、現在の役職に抜擢されたのですが、メンバーとの関係はぎくしゃくしていて、チームとしての成果も上がっていません。そんな状況の中で出会った「教える技術」を半信半疑ながら実践していったところ、和彩さんとメンバーの間にあった見えない壁のようなものは少しずつ消えていき、やがて部署内に活気が出てきて……。

前作の「マンガでよくわかる 教える技術」の主人公の上司が今回は主人公です。
今回は リーダーになった主人公が、「教える技術」を学んでチームとして成果を上げるというストーリーです。

新人の教え方などを知りたい方は、まずは前作「マンガでよくわかる 教える技術」を読んでみてください。

先輩に何も教えてもらわなかった人は必見!「マンガでよくわかる 教える技術」こんにちは! イチヒラです。 みなさんに部下や後輩をちゃんと指導できていますか? 2~3年も働いていると部下ができて「じゃ、...

部下の「やらされてる感」を「やりたい」に変える

前作と本作どちらも”行動”に着目している点は同じです。
しかし、前作の上司として部下に教えるのと、今作のリーダーとして教えるのでは技術が違います

チームリーダーはメンバーをまとめ、成果を上げなければいけません。
2割の人が優秀で成果を上げて、残りの8割の人はイマイチという考え方があります。

リーダーとして必要なのは、イマイチな8割の人の「やらされてる感」を「やりたい」に変えてチームの底上げをする技術です。

今作では、そのために必要な「教える技術」を紹介していおり、大きく分けて2つのコミュニケーションが重要になっています。

チームメンバーと信頼関係を築くためのコミュニケーション

前半では主に、チームメンバーと信頼関係を築くためのコミュニケーションについて学びます。

  • コミュニケーション回数を増やす。
  • 相手の長所を知る。
  • 相手の行動をほめる。

などいろいろ紹介されていましたが、一番はっとさせられたのは「相手の話を聞く」ということでした。

話を聞くって当たり前じゃん!

と思ったあなた!
あなたは本当に相手の話をきいていますか?
意外とできていない人が多いですよ。

例えば友達同士で、

Aさん
Aさん
きのう、最近できた本屋に行ったんだけど・・・
Bさん
Bさん
ああ、あそこすげえデカくて、何がどこにあるかわかんないよな!
目当ての本見つけるのに1時間ぐらいかかったぜ。
でさー・・・
Aさん
Aさん
・・・へー。(万引き犯見つけて、捕まえた話しようと思ったんだけどな)

なんて会話をしてしまう方は要注意です。
相手が話している途中で、「ああ、こんなことが言いたいんだな」と勝手に結論をして、話をさえぎって自分の話を始める。
そういう行為を相手に繰り返されると、人は「話を聞いてくれないんだな」と思い、話をしたくなくなるからです。

本書を読んで、「自分もたまにやってるな」と気づき、それ以来気を付けるようにしています。

仕事で成果を出すためのコミュニケーション

後半では主に、仕事で成果を出すためのコミュニケーションについて学びます。

  • 報連相
  • 会議
  • フィードバックやアドバイス

などが紹介されています。

個人的には、報連相とフィードバックやアドバイスの部分が参考になりました

トラブル系の報告があった時、

「マジで? なんでこんなことになったんだよ!」

と叱り飛ばしてはいけません。
まずは、「よく報告してくれたね」と隠さずに報告したことを評価しましょう。
そうすることで、「悪い報告しても怒られない」と考えて悪い報告も上がりやすくなります。

また、報連相が上がってきたら「ここの部分がいいね」といったフィードバックや、「ここはこういう風にしたらいいよ」というアドバイスを送ります
報連相に反応があれば誰だって嬉しいです。
そうすることで「おい、いつになったらあの件報告にくるんだ?」といった事態が少なくなります。

最後に

前作同様に、決して難しい内容ではなく誰にでも実践できる作りになっています。
また、信頼関係を築くコミュニケーションは日常生活でも有効だと思うので、人間関係に悩んでいる方にもオススメの一冊です。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。