整理・収納

旅行のときなどに便利な崩れないボクサーパンツのたたみ方

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

衣服はたたみ方がいっぱいあって悩みますよね。

できればなるべくキレイに、コンパクトにたたみたいものです。

特に旅行のときなどは、少しでもコンパクトにしてカバンの空き容量を増やしたい・カバンを小さくしたいと思うものです。

今回は僕が実際にやっているボクサーパンツのたたみ方を紹介します。
この畳み方を採用すれば、カバンの中につっこんでも崩れないし、コンパクトにまとめることができます。

正直たたみ方っていうより巻き方、かな・・・?

ボクサーパンツのたたみ方

ボクサーパンツを広げて、ゴム部分を下に折る

まずはボクサーパンツを広げます。
後ろとか前とかは特に気にしなくていいです。

そしてゴム部分を持って下に折ります。
この時、折る長さに注意してください。
ゴムの分だけ折り曲げてしまうと短すぎるし、半分ぐらい折ってしまうと長すぎます。
ゴムの分+1センチぐらいが目安です。

ボクサーパンツをひっくり返す


ボクサーパンツをひっくり返します。
この時、折ったゴム部分がずれたりしないように気を付けてください。

左右を折る

左右を写真のように折りたたんでください。

右が先とか左が先とか別に関係ないので、好きなほうを先にしてもらって構いません。

下の部分持って、上に向かってクルクル巻く

下の部分(青枠の部分)をもって、上に向かってクルクル巻いてください。
折りたたむんじゃなくて巻いてください。

一番上まで巻いてしまって構いません。

ゴム部分を裏返す

一番上まで巻いたら、ゴムの部分(青枠の部分)を裏返しましょう。

上手く裏返せたら下の写真のようになるはずです。
下の写真のようになれば完成です!

これならカバンの中で崩れることもまずありませんし、壁にたたきつけても崩れることはありません

できなければ最初のゴム部分の折りたたみが長すぎるか短すぎるのが原因です。
あるいはゴムが緩すぎる可能性があるので、その場合はパンツを捨ててしまいましょう。

一気にボクサーパンツをたたんでみる

一気にボクサーパンツをたたむとこんな感じになります。

このたたみ方のいい点は2つあります。

まず、雑に扱っても崩れることがありません。
旅行の時などに、適当にカバンに放り込んでおくことができます。

もう1点は、立てて収納できることです。
普通にたたんで収納すると、ボクサーパンツを積むことが多いと思います。
その場合、今あるボクサーパンツを持ち上げて、洗ったパンツを下のほうに追加していかなければいけません。
ズボラな人だとこれが結構めんどくさくて、上に追加することに。
そうすると一部のボクサーパンツだけがヘビーローテーションになっていまい、消耗も早くなってしまいます。

立てる収納だと、下の写真のように収納できるので、簡単にボクサーパンツを追加することができます。

最後に

自分はボクサーパンツをはいているのですが、ブリーフで同じたたみ方ができるかはちょっと怪しいです。
たぶんトランクスはいけます。

また今回のたたみ方は、実はシャツとかタオルでも対応することができます。

ただ、パンツと違ってゴム部分がないのでちょっと手こずるかもしれません。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。