整理・収納

片づけられない人のバイブル!「マンガでわかる! 片づけ術+収納」

こんにちは! イチヒラです。

みなさん片づけって得意ですか?
僕はあまり得意ではありません。

物をためやすい性格なので、なかなか片づけが進みません。

もしみなさんも同じように悩んでいるのであれば、「マンガでわかる! 片づけ術 +収納」を読んでみてください。

片づけの仕方や、なんで片づけが進まないかがわかるかもしれませんよ。

本書について

イラストレーター兼マンガ家の宙花こよりさんの家に、編集のT澤さんがやってきます。
こよりさんの部屋があまりにも汚くて、T澤さんガチギレ。
こよりさん・こよりさん母・T澤さんの3人で、汚部屋をたった8時間でキレイにするというマンガです。

よくある「マンガでわかる」系の本は、マンガと解説が交互に入っていますが、本書は99%がマンガです。
収納の仕方などがイラストになっているので、とても分かりやすいです。

部屋を片づけないということは時間の無駄である

本書を読んで、片づけないせいでいろいろな時間が削られていることに気づかされました

  • 必要なものを探すのに時間をとられる。
  • 必要なものが見つからないので、また買わないといけない。(待ち時間・買いに行く時間の無駄)
  • どこに何があるかわからないので、準備に時間がかかる。
  • 何かやろうとしても気が散ってしまうので、作業が進まない。

なんてことがよくありました。
みんなさんもこんな経験もありますよね。

部屋を片づけないということは時間の無駄なんです。

物があふれるのは、”もったいない”から

”もったいない”という言葉は、もはや世界に通じる言葉です。
物を大事にする精神が万国共通になるって素晴らしいですよね。

しかし本書を読むことによって、”もったいない”は呪いの言葉になりつつあると気づかされます。

服を例にしてみましょう。
「この服まだ着れるから、”もったい”ないから来年も着よう」とクローゼットにしまいます。
しかし来年になれば「今年のカラーは○○だから、新しい服買わないと」となって、しまった服は出されることがありません。
これを繰り返すことによって、”もったいない”から残しておく服がどんどん増えてしまいます。
着ない服は捨てるべきです。

モノがあふれている現代においてこの言葉は 捨てるべきモノも捨てられなくなる呪いの言葉に!!

と本書でT澤さんが熱く語っています。

物が溜まりがちな人は、いったん”もったいない”を忘れてみるのも必要なのです。

ウォー●ー以外を駆逐する3つのルールで簡単に片づけ

「ウォー●ー」を探す一番ラクな方法って知ってます?
正解はウォー●ー以外の人間をすべて駆逐することです。

本書では、”多くのいらない物に、少しの必要なものが埋もれている”状態を”ウォーリーを探せ状態”と表現しています。
確かにいらない物をすべて捨てたら、必要なものしか残りません。

ですがわかっていても、それをできないのが片づけ下手の人たちです。
そんな片づけ下手の人たちにも、簡単にウォー●ー以外を駆逐できる3つのルールが紹介されています。

  • 「今使うか」「使わないか」に分ける。
  • 「今使わない物」は捨てる。
  • 「今使うもの」はしまう。

この3つのルールに従うことで、簡単に片づけをすることができます。
片づけが苦手な人は「今使わない物」をなかなか判断できないところにあると思います。
「もったいない」「いつか使う」「そのうち使う」と考えて、結局捨てられない人が多いでしょう。

ですが「今使わない」という基準を決めれば、簡単に捨てられるはずです。

最後に

本記事では大雑把な内容を紹介しました。

本書では具体的な片づけ方や、片づける前の準備の仕方などがたくさん紹介されています。
わかりやすいだけでなく、コミカルで楽しんで読めるので、一度読んでみてください。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。