お金

電子マネーのプリペイド型とポストペイ型の違いについてざっくりと説明するぞ!

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

最近電子マネーのQUICPayを使い始めました!

「クイックペイッ!」

て音出してるアレです(笑)

QUICPayを使う前にいろいろ電子マネーについて調べてみました。

すると電子マネーにはプリペイド型とポストペイ型があるということが分かったので、今回はその違いについて説明します。

電子マネーとは

電子マネーについて詳しく話すと長くなるのでざっくりと言います。

会計時に現金のかわりにカードをかざすだけで支払いができるもののことです。

よくコンビニとかで「シャラーン!」とか「クイックペイッ!」って鳴ってるアレです。

電子マネーの支払い方法には大きく分けて2つあります。

  • プリペイド型
  • ポストペイ型

どちらの方式にもある共通点があります。

それは”決済の時にサインをしたり暗証番号を入力する必要がない”という点です。

このサインとか暗証番号入力って言うのは結構面倒だったりします。

特にコンビニなんかでは少額決済のために暗証番号入力なんてめんどくさくて仕方ありませんし、後ろに人が並んでいると焦ってしまったりすることも^_^;

そういった手間を解消してくれるのが電子マネーです。

ポストペイ型とプリペイド型の違い

先にチャージするプリペイド型

プリペイド型とは、事前にお金をチャージする電子マネーです。

クレジットカードなどと違い、事前に審査などが必要ないので簡単に作ることができます。
チャージする必要があるので、使いすぎる心配がないのも特徴です。

年齢制限もなく、基本的に誰でも持つことができます。

チャージしなければいけないのがデメリットといえばデメリットですが、電子マネーによってはオートチャージ機能なんかもあります。

プリペイド型でメジャーな電子マネーだと以下のモノがあります。

  • WAON
  • nanaco
  • 楽天Edy
  • Suica
  • PASMO

後払いのポストペイ型

ポストペイ型とは、後払いが可能な電子マネーです。
ICカードリーダーにカードをかざすことで、連携しているクレジットカードや口座に請求が行くという方式です。
そのため事前にクレジットカードや口座と結びつける必要があります。

また、ポストペイ型の電子マネーカードを持つには年齢制限や審査などがあるので、プリペイド型に比べたら取得しにくいのも特徴です。

「俺、クレジットカード持ってるから別にいらね」

と思うかもしれません。
正直やってることはクレジットカードと変わりません。

でも、数百円の支払いのためにサインとか暗証番号入力とかはめんどくさいし、見栄っ張りの方だとちょっと恥ずかしいかもしれません。

ポストペイ型でメジャーな電子マネーだと以下のモノがあります。

  • PiTaPa
  • iD
  • QUICPay

【電子マネー】ポストペイ型電子マネーとクレジットカードの違い電子マネーをオススメすると「ていうか、クレカと何が違うん?」とよく質問を受けることが多くなりました。 なので、今回はポストペイ型電子マネーとクレジットカードの違いを紹介していきます!...

最後に

今回は電子マネーについてざっくりと説明しました。

プリペイド型とポストペイ型のどちらがいいのかは、ライフスタイルなんかによって異なってきます。

自分にピッタリな電子マネーを探してみてください!

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。