ペット

犬を飼う前に「いぬのきもち」を読むべき4つの理由

こんにちは!イチヒラです!
僕は愛犬家で、現在いぬのきもちという雑誌を購読しています。

犬を飼っている方に非常にオススメの内容が載っていて、毎月送られてくるのが楽しみで仕方ありません。

基本的に現在犬を飼っている方向けの内容なのですが、犬を飼おうか検討している方にも読んでほしい内容が満載です。
実際私も犬を飼う前に購読を開始し、非常に役に立ちました。

今回は犬を飼おうか検討している方のために、犬を飼う前に「いぬのき5ち」を読むべき4つの理由を紹介します。

最新のしつけを知ることができる

「しつけ本買えばよくない?」
と思う方もいるでしょう。

しかし、市販のしつけ本の発行日を見てみると何年も前だったりします。
数年前は正しかったしつけも、今では間違ったしつけになっているなんてことも・・・。
とくに子犬のころに間違ったしつけをしてしまうと、あとで大変苦労することになります

いぬのきもちでは最新のしつけ方法などを紹介しているので、まずは2~3か月購読しましょう。

犬の病気について知ることができる

ほぼすべての号で、いぬのきもちでは犬の病気についても紹介されています。

  • どの犬種がどういう病気になりやすいのか
  • どういう症状が出たらマズイのか
  • 病気の予防方法

などが掲載されています。

特に初めて犬を飼う方は、予防の方法については必読です。

「あ~、これを気を付けないと風邪になりやすいのか」

など、普段の自分の生活を見直すきっかけにもなります。

老犬介護の現状を知ることができる

子犬は可愛いですよね。
好奇心旺盛で家の中を走り回っている姿を見ていると、ものすごく癒されます。

しかし、その可愛い子犬もいつかは年老いて老犬に。
あなたは「老犬になる」ということまで考えて犬を飼いたいと思っていますか?

いぬのきもちでは、老犬を飼っている人のインタビュー記事も掲載されていたりします。

「こんな時はこうしています」
「○○が大変です」

と言ったエピソードを見て「私には老犬介護は無理だ」と思ったのなら、犬を飼うことをあきらめましょう。

エサの品質や医療の進歩により昔と比べて犬の寿命はかなり延びました。
老犬になる確率は非常に高いです。

まずは、老犬介護の現状を知って「介護できるかどうか」を考えてみてください。

犬の事件簿で、犬を飼うことで発生しうるトラブルを学ぶ

いぬのきもちでは犬の事件簿というコーナーがあります。

「うちの子が○○しちゃって、裁判になっちゃった・・・」

といった、犬を飼うことで実際に発生した事件を紹介されています。

「うちはしつけをしっかりするつもりだから、トラブルになんかならないはず!」
なんて思っている方。
その考えは甘いです!

ちょっと吠えて、自転車に乗っている人が転んでしまって訴えられる。なんてこともあるんです。

犬を飼いたいと思っている方は、犬の事件簿を見て「こんなトラブルもある」ということを認識してください。

ちなみに犬の事件簿では、犬が被害者になった場合の事例も載っているのでいざというときの参考になります。

最後に

いかかがですか?

みなさん最初は「犬だって歳をとるし、病気になることぐらいわかってる!そんなの当たり前」と思っているでしょう。
ですが実際に老犬介護や闘病をしている方のインタビューを見ると自分の認識が少し甘かったことに気づきます。

いざ病気になって「こんなはずじゃなかった・・・もう飼えない」なんてことにならないためにも、一度いぬのきもちを見て勉強してみましょう。

あ、もちろんいぬのきもちは、こういった記事ばかりではありません。
楽しい記事も満載なので、オススメですよ。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。