「まんがでわかる 地頭力を鍛える」でわかる、頑張り屋だけど仕事ができない人の3つの特徴

こんにちわ! イチヒラです。

みなさんは地頭は良いほうでしょうか?
正直僕は自信ありません。

ですので本屋で目に留まった「まんがでわかる 地頭力を鍛える」を購入してみました。
地頭力を鍛えることができるマンガなのですが、鍛え方とは別に、頑張り屋だけど仕事とができない人の特徴がわかりました。

今回は頑張り屋だけど仕事ができない人の3つの特徴を紹介します。

本書について

20万部突破のロングセラー『地頭力を鍛える』がコミック化!入社5年目のがけっぷち困ったちゃんOLが、地頭を鍛えて無敵になる!

地頭力を鍛えるという本をマンガ化した本です。

頑張り屋だけどなかなか結果が出なくて左遷されちゃったOLが、地頭力を鍛えて成功するサクセスストーリーです。

主人公の頑張り屋具合を見ていると「あれ?俺もこんな感じだぞ」と思えることが多々ありました。
今回はそんな”頑張っているけど成果に結びつかない人”の特徴をまとめました。

頑張り屋だけど仕事ができない人の特徴

完璧を追い求める人

「仕事をやるからには完璧を追い求めるのは当然のことだろ!」

そう突っ込んだあなた。
あなたの言う通りです。

ですが、すべてに完璧を追い求めるのは大変危険です

例えば上司に「資料を作って」と頼まれたとき。
「○○と△△の正確な数値を調べないとな・・・あとあれもこれも」といろいろな情報を集めて資料を完璧にしようとしていないですか?
短時間でそれができるのであれば問題ないのですが、情報を集めようとすればするほど時間がかかってしまいます。
さんざん時間をかけて「この情報とこの情報いらないね。っていうかこんなに時間かけて出来上がったのがコレ?」と言われた日には、あなたの株は暴落です。

まずは短時間で大雑把に作って「これってこんな感じでいいですか?」と言って見せたほうがいいです。
「ここはこうしたほうがいい」と上司にアドバイスももらえますし、間違っていてもダメージが少ないです。
大雑把に作ってブラシュアップしていくほうが最終的には早く出来上がることも多々あります。

自分が正しいと思い込んでいる人

自分が正しいと思い込んでいる人は、仕事で失敗してしまうことが多いです。

「いやいや、あの有名人は周りに反対されても自分の意思を貫き通して成功したんだぞ!」

と言いたい人もいるでしょう。
確かに自分の意思を貫き通すことも大切ですし、それで成功した人もいます。

ですが大抵の人は見当違いのことを「これが正しい」と思い込んでいます
また「思い込み」は「思い入れ」と近いものがあり、客観性が欠けていることが多いです。

それゆえに、自分が正しいと思い込んでいる人は暴走しがちになります。

ダラダラ話を続ける人

「つまりどういうこと?」

と言われることはないでしょうか?
言われたことがある人は要注意です。

ダラダラ話を続ける人は、話が単調で何を言っているかがわからないことが多いです。
日常生活であれば「つまらないやつ」と思われるだけなので問題はありません。

ですがプレゼンで「何が言いたいの?」となったら致命的です。
「あいつのプレゼンはダメだ」となって仕事ができない人扱いされてしまいます。

最後に

いかがでしょうか?
意外と当てはまる人がいたのではないでしょうか。

「じゃあどうすればいいの?」

と思ったあなた!
「まんがでわかる 地頭力を鍛える」では、そういった方がどうすればいいのかが紹介されています。
本書で紹介されているフェルミ推定なんかは役に立つので、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。