先輩に何も教えてもらわなかった人は必見!「マンガでよくわかる 教える技術」

こんにちは! イチヒラです。

みなさんに部下や後輩をちゃんと指導できていますか?

2~3年も働いていると部下ができて「じゃ、新人君に教えておいてね!」と上司に言われることも多くなってきます。

「いや、あんた俺に何にも教えてくれなかったじゃん!」

という気持ちを押し殺して、とりあえず自己流で教えているものの全然部下が成長してくれないなんて経験ありませんか?

今回はそんな人にピッタリの本 マンガでよくわかる 教える技術 をご紹介します。

「マンガでよくわかる 教える技術」とは

「まんがでよくわかる 教える技術」は、「教える技術」のマンガ版です。

ストーリー仕立てになっているので、楽しみながら読むことができます。
また、マンガの部分と解説の部分が交互に書かれているので、マンガの部分で大雑把に把握して、解説で深く理解するということができます。

文章ばっかはちょっと・・・^_^;

という人にはオススメです。

オススメしたい人

  • 先輩に何も教えてもらえなかった人
  • 部下ができ始めた2年目、3年目の人
  • バイト先で先輩になった人
  • 部下が全然成長してくれない人
  • 文章ばかりの本を読むのが苦手な人

教え方がわからない人向けのストーリー

マンガの主人公は、カジュアル衣料品店「ナチュレ」の店舗で働く神吉凛(かみよしりん)さん。店長として着任して以来、なかなか仕事を覚えない部下たちの存在と店の売り上げ不振に悩む毎日でしたが、ふとしたきっかけから「教える技術」を知り、それを店で実践し始めたところ、部下の仕事ぶりや職場の雰囲気に徐々に変化が…。

要するに教え方がわからない主人公が、「教える技術」を学んで部下とともに成長していくというストーリーです。

  • 生意気な中途社員
  • 「わかった」というけどわかってないアルバイト
  • 自己評価が低くて、自信がない新人アルバイト

などよくいる部下や後輩が出てきます。
どうやって教えていけばいいのかを、ひとりひとりクローズアップして、ストーリー仕立てで紹介してくれるのでとても分かりやすいです。

部下が悪いのではなく、自分の教え方が悪い

あいつ全然仕事覚えないな。
いつまでたっても頼りないな。

部下や後輩に対して、いつもそんなことを思っていたりしませんか?
でもそれは、自分の教え方が悪いのが原因なのです。

  • 「熱意や根性が足りない」「お前の大雑把な性格が問題」など、心や性格に着目して怒る。
  • 「いい感じにしといて」「もっと丁寧に」など、人によって基準が違うあいまいな指示をだす。
  • 内容を整理しないで、その場で思いついたこととランダムに教える。

こんな風にしてしまった経験は、誰でもあるでしょう。
僕はやってしまっていました。
これらはすべて間違った教え方です。

精神論ではなく行動に焦点を当てた技術

「教える」とは、相手から望ましい行動を引き出す行為である。

本書では「どうやったら相手から望ましい行動を引き出せるか」を徹底的に解説しています。

実際に著者の石田淳さんも、間違った教え方をしてしまい10人近く部下を失ったそうです。
そして自分で色々調べて、アメリカ生まれの行動分析学に基づいたマネジメント・メソッドに出会い出会いました。
アメリカにまで渡って学習し、日本向けにアレンジした「行動科学マネジメント」を確立したのです。

簡単だけど効果は絶大!

行動科学マネジメントってなんか難しそう・・・(;´・ω・)

そう考えてしまう人もいるでしょう。
私もそう考えていました。

しかし実際に読んでみると大違い。
誰でも教える技術を身に着けられるように落とし込まれているんです!

本書で書かれている技術の一部を紹介すると、以下の通りです。

  • 一度にたくさん教えない。
  • 教えたらそのつど、確認。
  • 指示や指導は”具体的な行動”で表す。
  • 確実に100点をとれる課題で成功体験を経験させる。
  • 行動をほめる。

いかがですか?
特別難しいことを言っているわけではありません。

簡単だけど効果は絶大!それが「教える技術」なんです。

最後に

「まんがでよくわかる 教える技術」はマンガなのですごく簡単で読みやすいです。
反面、マンガにしたことによって内容が薄まってしまった感があります。

まずはマンガで読んで、書籍版を読む というようにすると、より頭に入ってきて技術を身に着けられます。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。