爬虫類飼育グッズ

簡単にできる!ウェットシェルターのカビ対策

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

レオパのシェルターといえば、ウェットシェルターが有名ですよね!

今はハイナン用ですが、ボクも使っています。

脱皮の手助けになる! 保湿力もある! サイズも選べる!

とメリットだらけのウェットシェルターですが、1つだけ弱点があります。

カビが生えやすいんですよね・・・

乾燥しやすい冬場はめったに生えないんですが、夏場なんかは下手すると3日ぐらいでうっすら生えてきます。

当然カビは爬虫類にとってもよろしくありません。

なので、今回はウェットシェルターのカビ対策について紹介していきます!

ウェットシェルターのカビ対策の前に

まずはしっかりと洗う


今回紹介するカビ対策を実行する前に、まずはしっかりウェットシェルターをしっかり洗いましょう。

しっかりと洗ってあげることで、カビ対策の効果をさらにアップすることができます。

洗い方といっても、とても簡単です。

ウェットシェルターの洗い方
  1. 水かお湯にウェットシェルターを突っ込む
  2. スポンジやタワシを使ってウェットシェルターの表面をキレイにする

ね?簡単でしょ?

ここで1つ注意してほしいのが、絶対に洗剤を使わないということです。

お湯や水を使ってスポンジなどでこするだけでOKです。

爬虫類がウェットシェルターの水入れに入ったりするので、洗剤の洗い残しがあると後々大変なことになるかもしれません。

どこまで害があるかわからないので、洗剤の使用は避けるようにしましょう。

ウェットシェルターのカビ対策

定期的に天日干し


やり方はいたってシンプルで、ベランダとかにシェルターを置いて天日で乾燥させるだけ!

一番簡単なカビ対策です(笑)

カビは乾燥に弱いので、天日干しするだけでカビの発生・繁殖を抑えることができます。

天日干しのメリット
  • ベランダに置くだけでOKの手軽さ
天日干しの難点
  • 自然乾燥なので、完全に乾燥するまで時間がかかる
  • 雨が多く、湿度が高くなる梅雨の時期は気を付ける必要がある
イチヒラ
イチヒラ
天日干しする場合は、ウェットシェルターを複数用意してローテーションして使うのがオススメ!

熱湯消毒


天日干しは時間がかかる!

そんな方は熱湯消毒もオススメです。

カビは熱にも弱いので、熱湯消毒はかなり有効な方法といえるでしょう。

タライなどの中にウェットシェルターを置いて、熱湯を注ぎこむだけで殺菌完了です。

しばらく熱湯に漬け込んで、お湯がぬるくなったら取り出してウェットシェルターを冷ましましょう。

熱湯消毒のメリット
  • 天日干しよりも早く殺菌を行うことができる
熱湯消毒の難点
  • お湯を沸かす手間が必要
  • 熱湯を扱うので、やけどしないように注意する必要がある
イチヒラ
イチヒラ
熱湯消毒した後、さらに天日干しするのもオススメ!

レンジでチンする


シェルターを洗ったら、ウェットシェルターのくぼみに水を入れて3分ほどレンジでチンするだけです。

熱湯消毒よりもしっかりとカビを死滅させることができるます。

ただメチャクチャ熱くなるので取り出す時は注意が必要ですし、完全に冷めてからケージの中に入れましょう。

いや、メシあっためるのに使ってるから、シェルター入れるのはムリ・・・

こんな方もいるでしょう。

というかボクもムリ派の人間です。

とはいえこれもカビ対策としてかなり有効なものなので、一応紹介しました。

レンジに爬虫類シェルターを入れることに抵抗がない方や、爬虫類用のレンジを用意できる方は実行してみてください。

レンジのメリット
  • 殺菌能力はメチャクチャ高い
  • レンジでチンするだけなので比較的手軽
レンジの難点
  • レンジの中にウェットシェルターを入れるのに抵抗がある
  • 直後はメチャクチャ熱くなってるので注意が必要

さいごに

カビが結構発生してるなら、あきらめて捨てる

カビまみれのウェットシェルターは手遅れです。

あきらめて捨てましょう。

今回紹介する方法は日常的な対策なので、カビまみれのシェルターに対しては効果はあるかわかりません。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。