ペット

【2018年版】ナゴレプ(ナゴヤレプタイルズワールド)に行く前の準備

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

ナゴレプは愛知県名古屋市の吹上ホールで行われる日本最大級の爬虫類展示即売会ナゴヤレプタイルズワールドのことです。

2018年9月22日(土)、23日(日)で行われます。

爬虫類の展示即売会と言ってはいますが、フクロウ・モモンガ・ハリネズミ・ミーアキャットなど鳥類や哺乳類も取り扱っています。

爬虫類と聞くと結構マニアックで敷居も高いイメージ。
しかし最近では爬虫類を飼う人も増えてきて、飼育方法も確立されてきているので敷居も下がってきてます。
女性や子供も結構会場で見かけるので、かなり一般的になってきたのではないでしょうか。

ちなみにナゴレプ以外にも神戸レプタイルズワールド、東京レプタイルズワールドなどがあります。

というわけで今回はナゴレプなどの爬虫類の展示即売会に行く前に必要な準備を紹介していきます。

必要な準備

車で行くなら、近くの駐車場をいくつかピックアップしておく

吹上ホールには出品社用の駐車場がありません。
そのため出品社が近くのコインパーキングを利用するので、吹上ホール付近のコインパーキングは大混雑します。

「会場付近に来たけど、駐車場空いてねぇ(笑)」

みたいな状況にならないためにも、吹上ホールから少し離れたコインパーキングをいくつかピックアップしておきましょう。

しかし、なるべくなら公共交通機関で会場に行ってください。

前売り券を購入

いい生体はすぐに売れて行ってしまいます。

吹上ホールについて、チケット買うために並んで、会場はいるために並んで・・・なんてやってたら大変時間がかかります。

少しでも時間短縮したい人はコンビニで前売り券を買えるので、事前に購入しておきましょう。
前売り券は100円~200円安いのでお買い得です。

種類 前売り券 当日券
おとな(高校生以上) 1,200円 1,400円
中学生 800円 1,000円
小学生 600円 700円

全国の以下のコンビニで購入することができます。

  • ファミリーマート
  • サークルK
  • サンクス

ふれあいや飲食をするならウエットティッシュがあるといい

会場内では、ふれあいコーナーや飲食コーナーがあります。

これは僕が去年食べた「ワニの腕丸ごと1本揚げ」ですが、タレがかかっていてベトベトしてました。(味は非常においしかったです。)

「こりゃ、ウエットティッシュ持ってくればよかったな」

と非常に後悔しました。

また動物を触った後は手をキレイにする必要があります。
特に爬虫類にはサルモネラ菌がついているので、触った後は必ず手を洗うか、ウエットティッシュで手をキレイにしましょう。

間違っても、爬虫類を触った手で飲食をしないようにしてください。

カバンを考える

リュックは正直やめたほうがいいです。

結構混雑するし、トカゲとかヘビはカップに山積みにされていることが多いです。
振り返ったときにリュックが引っかかってカップを崩してしまった!なんてことになれば誰も得をしません。

また公共交通機関を利用して帰る場合は、爬虫類嫌いな人も乗っているので気を付けてください。
購入した生体がほかの人から見えないようなカバンにしましょう。

「いや!なにこれヘビじゃん!」

と騒ぎになったり、相手によっては殴られる場合もあります。
余計なトラブルの元です。

飼いたい生体を決めておき、飼育方法を勉強しておく

当然のことですが、何を飼うか決めずに会場に行って、

「よし!ヘビ飼おう!」

みたいなことはやめてください。(その生体を飼った経験があり、飼育環境がある場合はOKです)

飼育方法も知らず飼育環境もない状態でその生態を迎えることは、無謀です。

飼いたい生体を決めておき、飼育方法を勉強しておく必要があります。

事前に飼育環境をセッティング

長時間の移動は生体にストレスがかかります。
会場から寄り道をせずにまっすぐ帰って、すぐに飼育ケージに入れてあげるのがベストです。

少しでもストレスを与えないためにも飼育環境は事前にセッティングしておきましょう。

会場でもケージやエサなど、一通りの飼育セットは買うことができます。
しかし荷物がいっぱいになって帰りが大変です。
公共交通機関を使っているならなおさらです。

個人的には会場で売られているケージなどは、ケージのみを買いに来た人や、車で来た人のみが買うものだと思っています。

ほしい生体の相場価格を調べて、少し多めの現金を用意する

ほしい生体の相場価格を事前に調べておくことで、どれぐらい安くなっているのかを知ることができます。

ちなみに会場では基本現金支払いだと思っておきましょう。

クレジットカードに対応している店舗もありますが、手数料やカード読取機の準備の問題ですこしイヤがられる場合があります。

またカード払いは現金払いよりもお金を使っている感覚が薄れてしまいます。

そのため、「あ、これもほしい」といった衝動買いや、「予算よりだいぶオーバーだけど、買っちゃうか」と無理して生体を買ってしまう心配があります。

現金払いにすれば、財布のヒモもかたくなるので、安心です。

現金は、生体の相場価格よりも少し多く用意するといいでしょう。

ナゴレプは基本普段より安いですが、ペットショップではお目にかかれないような素晴らしい生体も売られています。

当然そういう生体は高くなるので、「こいつほしいけど、相場よりちょっと高いから買えない・・・」とならないように多めに用意するといいです。

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。