秘密のレプタイルズ1巻の見どころ&紹介されている生体

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

あなたは「秘密のレプタイルズ」ってマンガご存知ですか?

秘密のレプタイルズはザックリいうと、主人公が爬虫類好きに洗脳されていくマンガです(笑)

爬虫類の飼い方や種類の紹介はもちろんのこと、魅力的なキャラクターも多数登場し、ラブコメ的な要素もあります。

「爬虫類ぜったいムリ」とかいう人でない限り、爬虫類を好きになってしまうヤバイマンガです。

今回は秘密のレプタイルズ第1巻の見どころと、紹介されている生体を書いていきます!

※爬虫類以外にも両生類などが出てくるので「生体」と表現しています。

作者の爬虫類愛が詰め込まれている「秘密のレプタイルズ」を一気読みした秘密のレプタイルズとは? 裏サンデー・マンガワンで公開されている、爬虫類などをテーマにしたWEBマンガです。 ”爬虫類に興味がな...

秘密のレプタイルズ1巻の見どころ

なんといってもヒョウモントカゲモドキ!


1巻の主役はヒョウモントカゲモドキ(レオパ)いっても過言ではありません。

レオパの魅力と環境づくり・飼い方に2話以上使っていて、思わずレオパを飼いたくなります!

というか、ボクがレオパ飼い始めたのってこのマンガにモロに影響されたからなんですけどね(笑)

マンガなのに結構しっかりと飼育環境のセッティングについて書かれており、セッティングに関してはこのマンガだけでいけます。

イラストと説明が豊富なのでで、正直いって普通の飼育本読むより頭に入ってきやすいです。

主人公が虫NGなためエサは人工フードになるので、虫をエサとしてあげるときの注意点がちょろっとしか書かれていないのがちょっと残念なポイント。

比較的メジャーで飼いやすい生体ばかり紹介されている


1巻ではヒョウモントカゲモドキ、ソメワケササクレヤモリ、ツノガエルと爬虫類の中でも人気があり飼いやすい生体が詳細されています。

いきなりマニアックだったり、飼うのが難しいものを紹介してしまうと読者がついてこれなくなるでしょう。

そう考えると、この3つの生体のチョイスはベスト。

どれも比較的万人受けしやすいかわいらしさを持った生体ですし、とても飼いやすいです。

ストーリーも面白いので読者が思わずその生体を飼ってみたくなります。

イラストもとてもクオリティが高いので爬虫類のかわいらしさが伝わってきます。

ちなみに他にもいろいろな生体が紹介されていますが、名前とイラストが出てくる程度で前述の3つに比べて深く掘り下げられていません。

紹介されている生体

ヒョウモントカゲモドキ


1巻では、このブログでもちょいちょい紹介しているヒョウモントカゲモドキ(レオパ)が登場します。

主人公がこのヒョウモントカゲモドキを買う(買わされる?)ところから物語が展開していきます。

トカゲモドキと書かれているように、トカゲではなくヤモリです。

ヤモリと聞くと壁をチョロチョロ走ってるあいつを思い浮かべると思いますが、ヒョウモントカゲモドキは地面の上をノソノソあるきます。(たまにバタバタ走ります)

爬虫類の中でも入門種として扱われることが多く、飼い方も比較的簡単なのでとても人気がある爬虫類です。

モルフ(カラーとか柄のこと)もたくさんあり、コレクション性が高いのも人気の理由の一つです。

価格は6,000円~数万円とかなりひらきがあり、メチャクチャレアなモルフだと60万ぐらいします。(レアすぎてまず遭遇することはありませんが)

レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の飼い方ご存知の通り、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)を飼っています。 エサのレビューとかは書きましたが、飼い方については書いていないことに気づきました(笑) 今回は、レオパ(ヒョウモントカゲモドキ)の飼い方を紹介していきます。...

ソメワケササクレヤモリ

この間では、いろいろあってソメワケの卵をヒロインからもらいます。

ソメワケササクレヤモリ(通称:ソメワケ、ソメ)も人気がある爬虫類です。

数千円程度で購入でき、ヒョウモントカゲモドキと同じような飼い方でOKなのでこちらも入門種として扱われることが多いです。

ヒョウモントカゲモドキと比べてモルフこそ少ないものの、繁殖がとても容易なので、「将来繁殖させてみたい!」と考えている方にはオススメの爬虫類ともいえます。

実はボクもちょっとほしいのですが、他にもほしい爬虫類があってなかなか手が出せないでいます(笑)

ツノガエル


登場人物の一人・純白 静(すみしろ しず)さんが、ちょっとしたミスでツノガエルを151匹も発注してしまい、主人公がツノガエルを飼うことになります。

ツノガエルは結構大型のカエルです。

最初は10円玉サイズですが、最終的に両手の大きさぐらいまで育ちます。

1年ぐらいでかなりのサイズになるので、「育ててる感」が半端ありません(笑)

カエルと聞くと「育てるのが難しそう」と感じるかもしれませんが、ツノガエルはプラスチックケースや人工フードで飼えるの入門種で、初心者でも飼うことができます。

さいごに

すでに友達2人が洗脳されました(笑)

最初に言った通り「爬虫類ぜったいムリ」という方でない限り、秘密のレプタイルズを読むと爬虫類を飼いたくなってきます。

ボクの友達も2人ほど洗脳されてしまい、レオパを飼い始めてしまったようです(笑)

もしあなたも「秘密のレプタイルズ読んでみようかな~」と考えているなら、洗脳される覚悟で読んでみることをオススメ(?)します!

作者の爬虫類愛が詰め込まれている「秘密のレプタイルズ」を一気読みした秘密のレプタイルズとは? 裏サンデー・マンガワンで公開されている、爬虫類などをテーマにしたWEBマンガです。 ”爬虫類に興味がな...
ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。