レオパ

プロバグズとかいうエサをゲットしたのでレオパに与えてみた

こんにちは! イチヒラ(@ichihira_tw)です!

ボクは人工フードでレオパを飼育しています。

そのため定期的にアマゾンかチャームという店でレオパゲルを購入しています。

先日チャームでレオパゲルを購入したら、「プロバグズ」とかいうエサが試供品みたいな感じでついてきました。

今回は、ゲットしたプロバグズとかいうエサについていろいろと書いていきます!

プロバグズって?

真空パックされた「真空生昆虫」

プロバグズは、昆虫を生のまま除菌し真空パックした「真空生昆虫」です。

パックされた昆虫は無農薬栽培された飼料・クリーンな環境で育てられており、栄養面や安全面でも優れています。

オゾン水で殺菌し、生のままパックされているので缶詰などに比べて栄養価が損なわれていないのも特徴です。

 
飼育環境の映像がこちら(チャーム様動画)

実際にエサを与えている映像がこちら(チャーム様動画)

豊富なラインナップ

プロバグズはエサの種類も豊富で、8種類の中から好きなエサを選ぶことができます。

プロバグズのラインナップ
  • ミルワーム(20g)
  • スーパーワーム(20g)
  • ライスワーム(15g)
  • グラスホッパー(8匹)
  • ディビアローチ(5匹)
  • シルクワーム蚕(15g)
  • ムカデ(2匹)
  • スコーピオン(3匹)

1パック230円程度で売られているので、お試しで買うには手ごろな値段です。
10パック入りで2,000円前後のお得なパックもあります。
※ムカデとスコーピオンは1パック400円~700円程度しますが、レオパに与えることはないと思います。

まずは開封してみる

今回ゲットしたのは、プロバグズのミルワームです。

表面に消費期限も書かれており、大体あと1年ぐらい持ちそうな感じでした。

ちなみに、海外の消費期限表示なので、日/月/年の順番で表記されているので注意が必要です。
※文字がかすれていて読みにくいですが、”Exp 31/9/2019″と書いてあるので、2019年9月31日まで持ちます。(9月に31日ってないんですけどね

英語だらけで不安ですが、裏返すとちゃんと日本語表記のシールが貼られているので、安心です。

表面だけだとなんのエサが入っているかわかりませんが、裏返すとパックの中身が見えるので、もし違うエサが届いても開封前に気づくことができます。

結構見た目はグロいですが、生餌などになれているなら問題なく使えるでしょう。

ちなみに、チャックなどはついていないので、開封したらクリップなどで密封してあげる必要があります。

ボクの場合は、極小タッパーに詰め込んで保存するようにしました。

一度開封したら長期保存はできないので、冷蔵庫に保存して大体1週間ぐらいを目安に消費します。

缶詰や冷凍餌との違いは?

缶詰との違いは?

缶詰との主な違いは、栄養価が失われていないかという点です。

缶詰のコオロギは高熱スチームで生き締めしています。

そのため殺菌されて清潔なのですが、どうしても栄養価が失われてしまいます

また、缶詰の種類によっては防腐剤を使っている場合もあるので、レオパへの影響も心配です。

その点、プロバグズは真空パックで保存しているので、栄養価が失われることなく使うことができます。

防腐剤も不使用なので安心です。

冷凍餌との違いは?

冷凍との主な違いは、手間がかかるかどうか点です。

冷凍コオロギなどは、栄養価が失われていない代わりに、自然解凍や湯煎などを行って解凍してからレオパに与えることになります。

自然解凍は時間がかかるし、湯煎はお湯を用意しないといけないので手間がかかります。

その点、プロバグズはそのまま与えることができるので手間が全然かかりませんでした。

ただ、プロバグズは長期保存ができないので、その点については冷凍餌のほうが優れているといえます。

価格は冷凍・缶詰とほぼ同等

プロバグズは、缶詰や冷凍餌とほぼ同等の価格で購入することができます。

冷凍餌に関しては、ちょと高品質のものを買おうと思うとプロバグズに比べて格段に高くなってしまいますし、クール便料金などを考えるとちょっと割高になるので注意が必要です。

手間のかからなさ・栄養価などを考えると、個人的にはプロバグズがオススメです。

実際にプロバグズを与えてみた

下準備

生餌・冷凍餌・缶詰はカルシウムを必ず添加させる必要があり、プロバグズも例外ではありません。

ボクは基本人工フードで育てているので、急遽カルシウムを購入しました。

まずは、カルシウムを小皿に入れて、その中にプロバグズのミルワームを突っ込みます。

まんべんなくカルシウムの粉がついたら準備完了です。

いざ、実食!

早速ピンセットでミルワームを与えてみます。

正直、初めて虫を与えるので食べるのか心配です(^_^;)

ピンセットを入れてみたら、速攻で気づいて近寄ってきました。

よっしゃ!食べた!

かなり不安でしたが、問題なく食べてくれました!

そのあと何度かあたえてみましたが、とくに問題なくモグモグしてました。

まあ、これで虫の味を覚えて虫しか食べなくなったら困るけど・・・(^_^;)

最後に

「虫を与えたいけど、飼うのは絶対にイヤ!」

という方にはプロバグズはオススメです。

開封しなければ長期保存も可能ですし、缶詰などに比べて栄養価も損なわれていません。

缶詰・冷凍餌と比べて価格も変わらないので、開封後に長期保存できない点を我慢できるならプロバグズは買いです!

レオパに与えるなら、爬虫類用セットがオススメ!

ABOUT ME
イチヒラ
イチヒラ
名古屋在住のシステムエンジニアで愛犬家。 おススメ本や 片付け方法、ペットに関する情報、趣味探し、ダイエットの経過などをブログで発信しています。 ドッグレシピプランナー★★を取得しました。